当店は、明治五年(1872年)、愛知県知多郡武豊町で味噌とたまりの醸造頑として産声を上げました。
 初代青木弥右エ門(青木藤助)は、農家の出身であったが、明治維新や封建制度の撤廃された時代を背景に、江戸時代と違って仕事を選べる自由な空気を得て、確実に実績を伸ばしていきました。
 知多郡では以前より酒造業が、神戸の灘酒に押されて減退し蔵、桶などの醸造施設が不要になり、味噌造りへの転換が盛んになったのに加え、交通が整備され満州や朝鮮などから原料の大豆か直輸入されるなどで全国にも有数の味噌・たまりになりました。
 二代目青木弥右エ門(徳太郎)も初代の教えを忠実に守り、事業を拡大していきました。
 三代目青木弥右エ門(良一)か家業を継いだ頃には、世の中は金融恐慌、さらに二年後には世界恐慌が喘い、銀行の支払い停止や連鎖倒産か相次いで経済は混乱しました。三代目青木弥右エ門の良一も、恐慌による経済の停滞と値崩れで経営に困難をしました。
 そんな時三代目が打った手段は「より良いものを造りたい。良いものなら続けられるだろう」。耐え忍ぶのではなく、晶質の向上を目指しました。
 経営の苦しい中、当時では味噌造りの第一人者に頭を下げて教えを請い職人としての勘や経験だけでなく味噌造りの正確な数値か大切という事を学ぴました。そして生まれた味噌は、驚くほど良質な物となりました。しかし当時の日本は暗い影が漂っており、味噌・たまり造りも戦争という大きな波に翻弄されました。
 昭和十二年に勃発した日中軽争で国内は戦時体制に入りました。味噌が統制品目となり、加えて満州大豆は高騰し”原料高の製品安”となりました。やがて原料も配給制となりますます経営か悪化し、味噌・たまりの生産量は戦前の一割程度にまで落ち、武豊町に五十軒位あった業者も半数に激減しました。
 戦争も終わり、四代目青木弥右エ門となった、孝一郎は高校卒業と同時に修行するつもりでしたが父良一は、科学的な管理技術か味噌・たまり造りに不可欠であることを、身をもって感じていたため、孝一郎を東京農大醸造科に進学させました。
 味噌やたまりは通常、数力月または一年位で造り終え、化学調味料などを入れますが、当店の味噌やたまりは四代目と五代目(良夫)の努力で国産大豆100%に自然海塩を使い、醸造期間も二夏を超えて三年間、そして長期保存が可能となりました。
 これには三代目の良一の時代に極めて高品質な味噌とたまりの製造に成功したこと、さらに四代目孝一郎が学問の力をかりて、徹底した素材の吟味と工程管理を行ったことによります。
 孝一郎が亡くなり良夫が五代目青木弥右エ門を襲名し、東京農大醸造科学科を卒業した(2014年)良之(六代目)と共に父子二代で伝統の味を守り続けており、たまりでしか味わえないコクと香り、小麦を一切使用していないこと(グルテンフリー)が国内に留まらず、海外の方々にも評価され今日も味噌・たまり造りに励む。



南蔵 青木弥右衛門
愛知県知多郡武豊町里中58番地
TEL (0569)73-0046 FAX (0569)73-0091
info@minamigura.com